chia iSCSIでマイニング

corei5のへっぽこビジネスパソコンでマイニングしているのですが、今回は外付けHDD2TBを保存先にしてみようと思います。

耕作中なのは、TrueNas上で完成した畑。容量が枯渇すると困るので、外付けHDDを保存先に新たなイ耕したが5時間経過で1%、ままであきらかにおかしい。ログを見ると

Starting phase 1/4: Forward Propagation into tmp files... Sun May  2 08:10:47 2021
Computing table 1

tmpファイルへの書き込みができていないご様子。

手動でtmpファイルをコピーしてみましょう。ファイル名の桁が108が起因しているのでしょうか。99%から進みません。もういいです。外付けHDDは却下。

最新の高性能PCを買おうと思ったが、お試しなので、こちらのビジネスパソコンで実施している。

Intel(R)Core(TM)i5-2400 CPU @3,10GHz
DDR3 14GB
Windows10 PRO

電気代がかかるので稼働機器を少なくしたかったが、進まないのでジャンクで購入したバッファローTS5410を投入。耐久力モデルのHGST4TB×4のRAID5とする。

LANは2本でラウンドロビンにする。

HDDをセットしてフォーマットする。

セットアップ完了。

RAID5設定開始。

約3分でRAID処理完了。さすがRAIDアクセラレータ搭載ではやいです。たしかTS-Xシリーズは5時間くらいかかった気がします。

LANの設定は以下とする。ファイル共有はしないのでiSCSIで接続したいと思います。

[ALB]:
負荷に応じて使用するLAN端子を選択し、負荷を分散します。負荷分散は送信時と受信時の両方で行います。

Microsoft iSCSI initator Serviceを「自動」にします。

TS5410でiSCSIの設定を行う。

どうやらWrite Cache機能があるらしい。

Windows側でiSCSI設定を行う。ポータル検索からサーバのIPを入力する。

登録されたので、「接続」する。

「OK」を押す。

接続完了となる。

windowsにドライブが追加されたので、ボリュームを割り当てる。

フォーマットする。

フォーマットされる。

約5TBのドライブが追加された。

Eドライブを新たな畑とする。

01ディレクトリを作成して、畑を追加する。tmp領域はEドライブ直下とした。

0%から全然進まないが、このまま様子見とする。

しばらく放置していると、エラーにより止まってました。なぜ?

Traceback (most recent call last):
  File "chia\cmds\chia.py", line 81, in <module>
  File "chia\cmds\chia.py", line 77, in main
  File "click\core.py", line 829, in __call__
  File "click\core.py", line 782, in main
  File "click\core.py", line 1259, in invoke
  File "click\core.py", line 1259, in invoke
  File "click\core.py", line 1066, in invoke
  File "click\core.py", line 610, in invoke
  File "click\decorators.py", line 21, in new_func
  File "chia\cmds\plots.py", line 135, in create_cmd
  File "chia\plotting\create_plots.py", line 176, in create_plots
RuntimeError: bad allocation

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です