確定申告 仮想通貨編

この確定申告というやつ、インターネットがなければ分からないことが多いです。仮想通貨の確定申告については雑所得として20万円以上の利益があった場合に申告する必要があるのは結構有名ですが、その20万円の基準が勘違いしやすいので説明します。

結論

取引所等で仮想通貨を購入し、その仮想通貨をJPYに変換した額の、トータルが20万円を超えた場合に確定申告が必要です。

自分の銀行の通帳へ出金した額ではありません。

仮想通貨を購入して売らなければ税は発生しません。

例えば、1BTCを100万円のレートで購入して、600万円のレートで売った場合、500万円の儲けになり、その500万を出金しなくても税は発生します。なので、500万円の儲けでNEMを購入して大暴落して価値が100万円になった場合、損益が+-0ですが、BTCの儲け分の税は残りますので、500万円分の税率で確定申告することになります。

日本では仮想通貨で儲けるというハードルが高いです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です