LPIC LV1(101/102) 〜 ユーザインタフェースとデスクトップ Q1

RETRY
Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 2239人中1126人正解 (正答率50.2%)

リピートキーの説明として適切なものはどれか?

  1. 指にけいれんなどがあり連続してキー入力を行ってしまうユーザのために、一定時間内に複数入力された場合は無視する機能である
  2. 大文字ロックキーなどの入力状態を認識することが困難なユーザのために、入力状態が変化した場合はビープ音で知らせる機能である
  3. 指に麻痺などがあり正しいキー入力を行うことが困難なユーザのために、一定時間以上キーを押下したもののみ入力が確定する機能である
  4. 同時に複数のキーを押下することが困難であるユーザや、片手でしたキー操作できないなどの障害があるユーザのために、修飾キー(Shiftキー、Ctrlキーなど)が押下されたあとは、ほかのキー入力があるまで修飾キーが入力された状態にする機能である
  5. キー押下した指をすぐに離すことが困難なユーザのために、ある一定時間以上キーを押下しなければ入力操作が繰り返されない機能である

[PR] Linux教科書 LPICレベル1 第4版 (CD-ROM付) 徹底攻略LPI 問題集 Level1/Release3 対応 3週間完全マスター LPICレベル1
index.html
©2016 p-runner.netspec