EPSON NP12-V へlinuxインストール

はじめに

エプソンの小型PC NP12Vへcentos5インストール。本体にDVDドライブが搭載されていないのでネットワークインストールを行う。
このサイトは、自宅NP12V linuxサーバで運用しております。

bootファイル作成

diskboot.imgとDD for Windowsをダウンロードする
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/i386/images/diskboot.img
http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/index.php?DDforWindows

USBメモリをPCに差込後DD for Windowsを起動する

「ファイル選択」でdiskboot.imgを選択する

「<<書込<<」を選択。その後は「はい(Y)」を選択する

「はい(Y)」を選択する

USBメモリに書き込みされてる

完了

cntos5インストール

「NP12VにUSBメモリ挿入」→「電源ON」→「deleteボタン」→「BIOS」でbootの優先順位をUSBメモリを上位にする

LanguageはJapaneseにして「OK」応答

「jp186」を選択

「HTTP」を選択

IP設定してもいいが、ここはデフォルトのDHCPで「OK」応答

Web site name:ftp.riken.jp、CentOS directory:/Linux/centos/5/os/i386を入力

次へ

警告は無視

全てのパーテェションをレイアウト作成を選択

次へ

「はい(Y)」応答

次へ

「高度なブートローダオプションの設定」にチェックを入れ「次へ」をクリック

「ドライブの順序を変更」を選択する

ハードディスクを上位にする

IP設定してもいいが、ここはデフォルトのDHCPで「次へ」をクリックする

「次へ」

rootのパスワードを入力

「Desktop - Gnome」のチェックを外す。「今すぐカスタマイズする」を選択。

「開発」→「開発ツール」と「ベースシステム」→「ベース」のみチェック

「ベースシステム」→「ベース」→「オプションパッケージ」で「firstboot-tui」のチェックを外す

「言語」→「日本語のサポート」であること

「次へ」

インストール

評価

省電力で静音サーバのできあがり。電気代は約2000円節約できました。とても良いです。


index.html
©2016 p-runner.netspec