WindowsVista パスワード解除

はじめに

今回は、自宅WindowsVistaパスワードを解析してみます。Administratorのパスワード忘れたしまった方セキュリティーについて考えている方参考にどうぞ。
なおXPにも対応してます。Vistaの場合は、LMハッシュには保存しない仕様となっているのでXPとは解析の仕方が違ったものになっています。
※PCの種類によって出来ない場合があります

準備

こちらのサイトにあるophcrack-vista-livecd-2.3.0の isoをダウンロードし、CD-Rに焼きます。USBで起動させる方法もありますが、やはりCDbootがいいでしょう。

レビュー

BIOS設定で1番に光学式ドライブ(CD-ROM、DVD-ROMドライブなど)2番に ハードディスクドライブ と設定する。
要はハードディスクドライブより先に光学式ドライブを読む設定にすればCDboot出来ます。
※ちなみにCDbootなのでlinuxはメモリ上に展開されますのでWindowsOSは無事です。

今回のCPUはAMD。LinuxのGUIも新しくなったようで。どうやらデュアルコアCPUに対応してるようで。

検索中・・・

2userの内1user検索終了!!!

もう1userは検索失敗。パスワードに数字を混ぜていたから?今回は約2userで約5分かかりました。こわいですね〜。

検索中は数独しながら待ちましょう。ちなみに画面保存はUSBに保存しました。

実行シェルを捜してみました。/home/tux/launch.shでした。手動起動も可能。

catでのぞいてみました。意味わかりません。こちら→launch.txt 最後に一連の流れをムービーとして保存しました。全て自己責任を行いましょう。

ストーリミング ダウンロード2分07秒:20.3MB(注意:音デカイ)

index.html
©2016 p-runner.netspec